クラミジアは10~20代に特に多い性感染症です。男性・女性の性器共に多く住み着いており、感染率が高く、根気強く治療する事が大切です。自覚症状が少なく気づきにくい為、注意が必要です。

クラミジアは感染者数第一位の2015年9月記事一覧

  • クラミジア感染とHIV感染率の関係

    ひと昔前は、エイズは不治の病であると言われていました。しかしおそらく、今でも不治の病であると考えている人が多いと思います。現代の医学では、エイズを発症しても、必ずしもそれが死を意味するわけではなくなっていることは事実です…続きを読む