クラミジアは10~20代に特に多い性感染症です。男性・女性の性器共に多く住み着いており、感染率が高く、根気強く治療する事が大切です。自覚症状が少なく気づきにくい為、注意が必要です。

札幌市で出来るクラミジア治療・hiv感染予防と対策

女子が注意すべき健康問題にクラミジア感染症が挙げられています。
風邪を患った場合は、せきや熱っぽさ、鼻水などの症状が身体に現れます。
一方でクラミジア感染症はそういった表面的な症状が発生しません。
そのため、妊娠後の検査で初めてクラミジア感染症になっていた事が発覚するパターンが多く、対応が後手後手に回ってしまうのです。
またクラミジア感染症は放置する事で、未来の不妊症を呼ぶとされており、
第一子の妊娠が済んでいない方、第二子や第三子の妊娠を求める夫婦には恐ろしい問題となり得ます。
またクラミジア感染症を患う女子は、hivになるリスクが一般女子に比べて平均で4倍程高まります。
hiv感染予防のためにもクラミジア感染症を早期発見、早期治療を進めておいた方が良いでしょう。

そして、hiv感染予防とクラミジア感染症予防は基本的に同じです。
両者ともコンドームを付ける事で感染の危険度を限りなく低く抑えられますので、
いわゆる子作りのシーズン以外は避妊を徹底すれば、リスクマネジメント出来ます。
hiv感染予防は女子一人では出来ませんので、必ず彼氏または夫の協力が必要です。
コンドームの装着を嫌がる男性とはたとえパートナーであったとしても原則セックスしない、
世の女性陣には心を鬼にして相手に避妊の理解を求める姿勢が求められています。

ただ、クラミジア感染症は札幌市内のウィメンズクリニックで早期治療が可能です。
抗生物質を指定された期間、真面目に飲み続ける治療法が基本です。
症状が進行している際は、更に点滴による治療が求められていますが、それもまた身近な札幌市内の施設で受けられます。
今では性病全般の相談と治療が地域に関係なく可能となりました。
わざわざ地元の札幌市を離れて、都会のウィメンズクリニックに行く必要はなく、
高水準な検査と治療が受けられ、複数回通院した後、結果が「陰性」と出ればめでたく性病を克服した事になります。