クラミジアは10~20代に特に多い性感染症です。男性・女性の性器共に多く住み着いており、感染率が高く、根気強く治療する事が大切です。自覚症状が少なく気づきにくい為、注意が必要です。

クラミジア感染症と薬について

日本では、ここ数年で10代の性病患者が増えています。
性病の中で最も多いのが、性器クラミジア感染症で、性器ヘルペスウイルス感染症や淋菌感染症などと同じく、感染症としての報告が義務付けられています。
クラミジア感染は、男女共に性行為による感染が多いのですが、最近では、女性の患者の増加が目立ちます。
女性が感染症にかかった場合、将来の不妊につながる危険がありますが、自覚症状がなく、症状が悪化するまで気付かない女性も多いのです。
自覚症状がないため、病気を抱えたままパートナーと性交渉を行い、その結果、パートナーまで病気になってしまうという例も少なくないのです。
男性がクラミジアに感染した場合、尿道炎になることが多く、精巣上体炎の原因になることもあります。
尿道炎の場合、淋菌性尿道炎に比べて潜伏期間が長いので注意が必要です。
尿道に不快感がある場合など、普段と違う症状を感じたら、すぐに医師の診断を受けることが大事です。
女性の場合、子宮頸管炎や肝周囲炎になることもあり、妊婦の場合は、新生児が新生児肺炎や結膜炎を起こすこともあります。
治療方法は、テトラサイクリン系の薬や、マクロライド系の薬で治療することが多いです。
ニューキノロン系の薬が使用される場合もあります。
性交渉をする時には、コンドームを使うことが大切です。
コンドームを使うことで、他の人に病気を移す可能性がほとんどなくなります。
女性の中には、性病の検査のために病院に行くことを躊躇する人もいます。
そして、迷っている間に症状が悪化してしまう人も少なくありません。
最近では、性病の検査キットが簡単に手に入るので、不安な人は検査キットを郵送してもらい、自宅で検査をするという選択もできます。